関西圏のシステム開発ならYUKINE COMPANY・ユキネカンパニー

SMART
TRANSPORT
ROBOTS

  • AGV: AUTOMATED GUIDED VEHICLE
  • AMR: AUTONOMOUS MOBILE ROBOTS
  • ATR: AUTONOMOUS TRANSPORT ROBOTS
Scroll
  • 人件費の削減

  • 安全性の向上

  • 精度と生産性の向上

  • 安全なナビゲーション

  • 迅速な展開

自律的なナビゲーションのおかげで、工場や生産施設内の搬送ロボットは、人間のソリューションと同じように汎用性と柔軟性を持つようになってきています。
競争力を維持するためには、メーカーはコストを削減しながら新たな成長を達成することに注力しなければなりません。そのためには、製造プロセス全体の柔軟性を高め、業務効率を飛躍的に向上させることが鍵となります。改善の余地のある分野のひとつが、物流の内部輸送です。

The Robot Operating System - ROS


産業用ロボットには様々な用途がありますが、その中にはカスタマイズや仕様の変更も含まれています。ユキネでは、お客様のニーズに合わせてロボットのオペレーティングシステムをプログラムすることができます。
programing
circuitBoard
atrMix

これらの機械の将来性はどのようなものでしょうか?


世界がコロナウイルスで経験した課題で、これらのマシンは多くの解決策を提供できる可能性があります。毎日の買い物の配達をしたり、高齢者のコミュニティを助けたり、保健ワーカーに物資を提供したり。

オブジェクトの検出


人間は、画像内に存在する物体を簡単に検出して識別することができます。人間の視覚システムは高速で正確であり、複数の物体を識別したり、障害物を検出したりといった複雑なタスクを、ほとんど意識することなく実行することができます。大量のデータ、より高速なGPU、より優れたアルゴリズムが利用できるようになったことで、画像内の複数の物体を高精度で検出し分類するためのコンピュータを簡単に訓練することができるようになりました。
アジャイル、費用対効果の高い自律輸送
    自律走行は自動車業界の次の大きなものになりそうですが、確かに道路上では役立つでしょうが、製造工程でも助けになることがあります。
    自動搬送車(AGV)は、人の代わりに単純な作業を行う単純な機械として一般的に考えられています。しかし、この10年でAGVは、小売業、軍需産業、ヘルスケアなど、流通や製造業以外の多くの産業に組み込まれるようになってきました。
    このようにAGVの使用がブームになっている中、多くのビジネスオーナーやオペレーションマネージャーが頭に浮かぶ論理的な疑問は次のようなものです。倉庫やDCの自動化を検討しているときに、AGVが自分の業界や業務に適しているかどうかをどのように判断すればよいのでしょうか?AGVを使用するかどうかを決定するために考慮できるAGVの長所と短所は何ですか?
    お問い合わせいただければ、最適な判断ができるようにお手伝いさせていただきます。
    次のページ
    前のページ