関西圏のシステム開発ならYUKINE COMPANY・ユキネカンパニー

スマートニーブレース

  • スマートニーブレース: リハビリの効果を可視化して、効果を高める為の次世代ニーブレス
Scroll
Total Knee Arthroplasty (TKA)はTotal Knee Replacement (TKR)とも呼ばれ、整形外科手術の中でも最もよく行われる手術の一つで、世界で年間400万件以上の症例があります。

最近では、TKRは日常的な手術となっていますが、20%から30%の患者さんが結果に不満を持ち、6%以上の患者さんがその後10年以内にTKRの再手術を必要としています。

リハビリは各手術の成功に不可欠です。

系統的な追跡調査やリハビリテーションのモニタリングが行われていないことは、結果の因果関係や長期的なTKRの結果を理解することに影響を与えます。

リモートモニタリング リハビリ用ニーブレース


  • 装具に内蔵されたセンサーが、そのデータをスマートフォンと共有します。
  • このアプリケーションは、患者がリハビリ運動を行うための適切な方法をコーチングします。
  • 患者のコンプライアンスをモニターし、励ます。
    オンラインでのKOOSフィードバック。
  • 患者のコンプライアンスとKOOSフィードバックを介護者に報告。
  • ニーブレースはメディケアの償還対象となります。
    また、RPM(Remote Patient Monitoring)もメディケアの償還対象となりました。
remote-monitoring
Woman With Smartphone-01

スマートフォン用リハビリアプリ


  • スマートフォンアプリとスマートニーブレースの通信が可能。
  • 適切なエクササイズ方法を動画で解説。
  • アプリケーションは、各運動セッションの進捗状況と患者の目標をモニターします。
  • 月ごとのカレンダー表示で、リハビリの進捗状況を確認できます。

クリニカルダッシュボード


  • 手術後の患者さんの回復状況を把握することができます。
  • 患者さんのコンプライアンスを素早く確認できます。
  • 患者さんをドリルダウンして詳細を確認する機能。
  • 患者の遠隔監視に対するメディケアの償還が可能
    監査のために各患者に費やした時間を記録することができる。
Dr.Smartphone

9軸IMU(慣性計測ユニット)


Inertial Measurement Unit

慣性計測ユニット(IMUとも呼ばれる)は、加速度、方位、角速度、その他の重力を測定して報告する電子機器である。加速度計、ジャイロスコープ、および磁力計で構成されています。つまり、車両の3軸(ロール、ピッチ、ヨー)それぞれの軸に1つずつ搭載されています。

IMUは、MEMS技術(Micro Electro-Mechanical Systems)を採用している。この技術は、性能を確保しつつ、低コスト・低消費電力化を可能にする。そのため、MEMSベースのシステムでは、高性能と超低消費電力をより小さなユニットで実現しています。

生データは1KHzで出力されるため、リアルタイム性が要求される用途に適しています。

Yaw.Pitch.Roll-01
xyz
phone_screen_mockup_01

*これらのアプリはデモ用です。

phone_screen_mockup_02

*これらのアプリはデモ用です。

スマートソックスでバランスを監視


  • ソックスに内蔵されたセンサーが、スマートフォンとデータを共有。
  • 洗濯機で洗える快適なソックスです。
  • 足の圧力やバランスの中心を見ることができます。
    患者さんの体重が均等に分散されていることを確認。
  • 手術後の患者さんの回復状況を把握することができます。
Balance1

この技術は、米国レドモンドにあるSensoria社が設計・制作したものです。

    前のページ